客員研究員紹介Members

石井 研士 / Kenji Ishii

國學院大學神道文化学部教授・副学長

石井 研士

1954年生まれ。都立小石川高校を卒業後、東京大学文科三類に入学。同大学文学部宗教学宗教史学科卒業後、同大学人文科学研究科宗教学宗教史学博士課程修了。東京大学文学部助手、文化庁宗務課専門職員を経て、現在、 國學院大學神道文化学部教授(博士・宗教学)・副学長を務める。

“結婚式の変遷を通し、儀礼文化の理解を深める”

専攻は宗教学・宗教社会学で戦後の社会変動と宗教の関係について継続的に研究を行っています。社会変動は社会構造の変動を意味していて、産業構造の変動を始め、その結果生じた都市化や過疎化、情報化が宗教にどのような影響を与え、持続もしくは変容したかを調査研究しています。

宗教団体の調査研究も行いますが、私たちの日常生活における宗教の問題を通して、私たちが置かれている社会的文化的状況を理解したいと考えています。そのために、年中行事や通過儀礼、とくに「結婚式」の変化に関心を持っています。

最近の研究関心は、限界集落化した地域の宗教法人のあり方と、ポップカルチャーに見られる宗教性です。

研究所では、もっぱら結婚式、とくに昭和40年代後半から50年代に盛んになった「ハデ婚」が、なぜ行われるようになったのかを調べています。比較的最近の文化現象で、自明と思われるものでも、実際にはなかなか全容が見えなかったり、理由が不明であることは少なくありません。結婚式の変遷を通して、日本人の精神構造や儀礼文化を理解したいと考えています。

一条 真也 / Shinya Ichijyo

九州国際大学客員教授

山田 慎也

1963年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。冠婚葬祭互助会株式会社 サンレーの代表取締役社長として、有縁社会を再生する心ゆたかな儀式の提供をめざしている。また「天下布礼」の旗を掲げ、人間尊重思想を広めるべく作家活動にも情熱を注ぐ。2012年、第2回「孔子文化賞」を稲盛和夫氏と同時受賞。14年、全国冠婚葬祭互助会連盟会長に就任。九州国際大学客員教授も務める。

“冠婚葬祭必要論の理論武装をする”

わたしは冠婚葬祭互助会を経営しています。経営理念は「人間尊重」ですが、これを一語で表現すると「礼」になると思います。その礼の精神を広く世の中に広める活動を「天下布礼」と呼んでいます。

これまで、わたしは約80冊の本を書いてきましたが、『決定版 冠婚葬祭入門』(実業之日本社)、『葬式は必要!』(双葉新書)といった冠婚葬祭・儀式をテーマにした本も多く、終戦70年の大きな節目を迎えた昨年は、『唯葬論』(三五館)、『永遠葬』(現代書林)などを上梓しました。また、「朝日新聞」「日経電子版」「産経デジタル」「サンデー毎日」といったメディアに冠婚葬祭の重要性を説くコラムを連載し、日々、全国に向けて情報発信しています。

そのほか、大学の客員教授として教壇に立ったり、さまざまな講演をさせていただいたり、「グリーフケア」や「隣人祭り」の普及に努めています。すべては「天下布礼」の一環であると思っています。

冠婚葬祭総合研究所の客員研究員として、わたしは「冠婚葬祭必要論」の理論武装をはじめ、儀式文化のイノベーション、互助会システムの海外への導入などを研究したいと思っております。実際に冠婚葬祭互助会を経営している強みを生かしていく所存です。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

山田 慎也 / Shinya Yamada

国立歴史民俗博物館民俗研究系准教授

一条 真也

1968年生まれ。92年慶應義塾大学法学部卒業後、同大学大学院社会学研究科修士課程を経て、97年博士課程満期退学し国立民族学博物館COE研究員となる。98年国立歴史民俗博物館助手、2007年に准教授となり現在に至る。博士(社会学、慶應義塾大学)。専門は民俗学、文化人類学、特に儀礼の近代化に興味を持ってい る。著書に『現代日本の死と葬儀─葬祭業の展開と死生観の変容』、共編著に『変容する死の文化─現代東アジアの葬送と墓制』(ともに東京大学出版会)などがある。

“幅広い文化的視点から儀礼文化研究の発展に寄与”

今、職場のほうで大詰めを迎えているのが死絵図録の編集です。死絵とは、おもに江戸時代末から明治期を中心に、歌舞伎役者などが亡くなった際に訃報と追善を兼ねて出された浮世絵です。文字を見ると強烈な印象を受けますが、実際は水色や黄色など淡い色合いのものが多く、決して怖いものではありません。なかにはユーモラスなものも多く、亡くなった役者たちが地獄の鬼たちを前に、極楽へ行く前の別れの口上をしていたり、八代目市川団十郞は女性に絶大な人気があるため、あの世へ行こうとする団十郞を女性たちが引き留め、その中にはあの世の存在である奪衣婆や女の幽霊までが混じっているものもあります。亡くなった役者を惜しみ、死後もこうあってほしいという想いが表現されており、こうした浮世絵を通してその死を受け止めようとする、当時の豊かな世界の一端を知ることができます。

今回、冠婚葬祭総合研究所が設立され、儀礼文化研究の拠点ができました。わたしも客員研究員として多くの研究仲間とともに、「無縁社会における墓と追悼」、「葬儀の標準化と個別化」などの現代的な研究課題にも着手しています。文化的に幅広い視点から儀礼文化研究の発展に少しでも寄与できればと考えており、今後も精進していきたいと思います。

吉崎 達彦 / Tatsuhiko Yoshizaki

株式会社双日総合研究所チーフエコノミスト

吉崎 達彦

1960年生まれ。84年一橋大学社会学部卒業後、日商岩井株式会社に入社。広報室にてPR誌の編集担当、米ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会調査役などを経て企業エコノミストの道へ。日商岩井とニチメン株式会社の合併により、2004年から現職。関心領域は内外経済、アメリカ政治、外交・安全保障論など。テレビ東京『モーニングサテライト』などマスコミ出演も多い。13年にフジサンケイグループ「正論新風賞」を受賞。

“サービス産業の一分野として、冠婚葬祭の可能性を探る”

双日株式会社という商社で、エコノミストとして働いています。互助会保証の藤島安之社長は以前の上司でした。

そのご縁もあって、毎年、新年には冠婚葬祭や互助会関連の方々を前に、経済講演会の講師を務めさせていただいています。仕事柄、いろんな業界と接点がありますが、冠婚葬祭業は特にユニークな業態ですから、接していて非常に勉強になります。

少子高齢化社会の到来は、ほとんどの産業においてネガティブに語られています。ところがセレモニーホールという業態においては、「多死」時代はむしろ需要の増加を意味します。サービス業として、大いに伸び代があるといってもいいでしょう。

ただし冠婚葬祭とは、日本古来の伝統に立脚した習慣や慣行でもあります。明文化されたものではありませんし、時代によって絶えず変化します。その将来像は、容易には予測しがたいものがあると思います。つまりこの業界は先端的な産業といえるでしょう。

冠婚葬祭総合研究所の客員研究員として、サービス産業の一分野としての冠婚葬祭の可能性を探ってみたいと考えております。

張 萬石 / Chan Man Suck

大田保健大学葬禮指導科教授

張 萬石

1948年生まれ。韓国の東国大学法政大学部卒業。駐日韓国大使館1等書記官、駐日韓国大使館参事官などを経て現職。日本と中国、台湾などの葬儀研究をしており、日中台などの専門家と交流がある。2012年に、自然葬拡散の影響要因に関する研究で行政学博士(東国大学)、15年に、超高齢社会の日本の親孝行文化内容と方法に関する研究で孝學博士(親孝学大学院大学校)。

“異国の追悼文化から、産業発展へのヒントを見出す”

大学で葬儀の専門家を養成するための研究と講義をしており、日本や中国、台湾などの葬儀関連学者や経営者を韓国に招待し、国際学術会議などを開催しています。また、韓国の葬儀関連メディアに、韓国の葬儀や海外の葬儀文化、葬儀業界の事情を寄稿しているほか、韓国の各地方縣と団体の要請による葬儀関連の特別講義や、日本・中国・香港など海外葬儀関連団体の要請による、海外での特別講義を実施しています。

冠婚葬祭総合研究所では、韓国や中国、台湾の葬儀業者の特長などを紹介しながら、東アジア諸国での葬儀文化の発展に関するアイデアを提案するとともに、超高齢社会といわれる日本での互助会の課題等について、討議を通して時代の変化に伴う対応策などを考えていきたいと思っています。

日本とは異なる追悼文化のよさが周辺国にある場合、その導入を積極的に検討することで、文化の中から産業の発展につながるヒントを見出し、互助会業界の発展へとつなげていくことができればと考えております。

発想の転換を通じた新たな方策を継続的に講じていきたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。